<% searchTag | str_replace(,) | str_replace(text,search) | str_replace(image,submit) | tag_put() | tag_insert(div id="searchbox") | tag_put() | tag_insert(div id="searcharea") %>
<% topMenu2 | tag_replace(div,nav) | str_replace(
コミュニケーションツール戦国時代!ヘッダー画像

 

チャットツールの代表格でもあるSkypeビジネスでもプライベートでも重宝されて来ました。
スマホが存在していない2004年にサービスがリリースされた時は、当時のユーザーを大いに感動させたのです。

 

当時は固定電話で通話することが多く、インターネットを利用して通話するという文化はありませんでした。
そうした中に無料で通話できるサービスがリリースされたのは、技術の進化を体感する一種のイベントです。

 

僅か1年で利用者数が400万人を超え、まだまだ増えて行く勢いを持つSkypeはまさに時代の象徴でもあります。

 

さて、そんなSkypeが登場したことにより、人々の生活やその後のチャットツールの歴史はどう変わったのでしょうか?

 

無料通話が行えるSkypeの登場について歴史を紐解いて行きましょう。

 

 

Skypeが登場した時

Skypeで会話する女性

Skypeの魅力は何と言っても無料で通話できる点です。

 

フューチャーフォン(ガラケー)が普及している当時だと、電話はかなり高額な料金になるものという認識です。
通話し放題のプランも各キャリア通信から提供されていましたが、指定した携帯番号のみしか対象になりませんでした。

 

女子高生などの若い世代だと、1ヶ月の通話料金が3万を超えるケースも普通にあったのです。

 

そうした中に登場したのが無料通話を行えるSkypeです。

 

ただし、Skypeはパソコンで利用するのが前提だったため、若い世代にはあまり浸透して行きませんでした。
パソコンを所有しているユーザーを中心に、Skypeは広がって行ったのです。

 

最初はビジネスでの通話に利用され始め、その後プライベートへ普及して行きました。

 

2006年頃にはビデオ通話が実装され、これも当時の人々を驚かせたものです。
今でこそ当たり前に利用出来る機能ですが、当時は相手の顔を見ながら通話できることが衝撃的でした。

 

Skypeの登場によって金銭的な負担が軽くなっただけでなく、コミュニケーションのあり方が大きく変化したのです。

 

 

現代でもSkypeの人気は高い

Skypeをビジネスに用いる男性

平成に誕生したSkypeは令和の時代でも活躍を続けて行くチャットツールでしょう。
音声通話やビデオ通話の品質はどんどん向上していますし、利用者数も堅実に推移させています。

 

翻訳機能の実装により海外とコミュニケーションするビジネスにも利用されるようになりました。

 

また、知名度が高いのも人気の一因になっています。

 

ある程度の知識を持っている人はチャットツールやアプリを知名度では無く機能で利用する判断を行えます。
しかし、ほどほどに通話やチャットが行えれば良いと考える人はそうではありません。

 

深い知識を持っていない人は、知名度が高いアプリを利用しがちになるのは自然な流れなのです。

 

そうした意味で、ビジネスにおいてSkypeの信頼度は非常に高いと言えます。
Windowsへ初期インストールされるようになったのも普及に貢献しているはずです。

 

Skypeの登場から長い年月が経過していますが、まだまだその勢いは続いて行くでしょう。